更新情報

12/04/27   いそざきもとこ作「ねこのスープや」「宇宙博士アイリエン」
11/11/21   ふくいけけいこ作 「雪がふったら」「あなたに会いたい」
11/10/05   中長米子作 「人をよぶ谷」「笹の葉のバレリーナ」「大空襲」

手作り絵本とは?

冬の部屋

文字通り"手作りした絵本"のことです。
ちらしの裏に描いた子どもの落書きをホチキスで止めてもOKですが、構成を考え、文と絵をかき、原画をノリで貼付け、ハードカバーの表紙を付けるという、内容から製本まで”手づくり” する形が一般的です。印刷はせず製本まですべて手づくりのため、世界に1冊しかありません。
ストーリーを考え絵を描く、という点では「コミケ」の同人誌と相通じるのですが、あちらがお台場に50万人以上の人を集める国民的イベント(?)なのに比べ、手作り絵本は”1冊限定”のために、 なかなか多くの人の目に触れる機会がありません。
そんな手作り絵本の魅力をわずかでも伝えられたらと思い、このサイトを作りました。 見開き1ページずつ読めるようになっています。
左の『えほん』のボタンをクリックし、読みたい絵本を選んでください。
まずはこの人の絵本を紹介したくて慣れないパソコンと格闘しました。徳島県在住86才(2011年10月現在)、中長米子さんの作品です。ご自分の実体験に基づく作品です。
ふくいけさんのクリスマス絵本を更新しました(2011年11月)。雪の森と、街のクリスマス風景。美しい水彩画をどこまでパソコンで再現できたでしょうか?
いそざきさんの絵本を紹介します。(2012年4月)作者の年齢が80代、60代に続いて、う〜んと若返りました。
どうぞ絵本をめくるようにゆっくりとごらん下さい。

inserted by FC2 system